導入事例

ネット検索ビジネス大手A社の新人研修事例


課題 新人社員の笑顔と元気を惹きだす。

『音楽を使ったこの研修プログラムは、最適だと直観した。人心の一体感、変化に富むアクティビティを内包したトレーニング・ビートは笑顔を導き出せると考えた』との担当者様の、ご依頼で実施させて頂きました。2011年より3年間連続で実施させて頂いておます。

目的は、『新入社員にココロから元気を出してもらい、全国の支店に送り出す』
数回に渡る事前の打ち合わせで、とにかく全員を笑顔で送り出そうとのコンセンサスを共有。
ネット検索分野で革新的なビジネスモデルを打ち出し、大きな成功を収めてきたこのA企業では全国の支社に配属する前、入社から配属が決まるまでの一ヶ月、ビジネスマナーから社内規範、チームビルディングなどの通常の研修の大きな締めとして月末、配属の決まる日に、この音楽を使ったトレーニング・ビートの実施を決定しました。

◆実施のタイムライン
午前10時から12時までの2時間
30名様
全員が車座になって座り、簡単な打楽器、シェーカーを共通のテンポで振ります。
30名が同じテンポを一定の時間続ける、それだけですでに、一体感を感じ始めている新人のみなさま。 この部屋に入ってきた時は、ナニをやるのか分からず皆さん、不安そうで怪訝なお顔でした。音楽を使った研修、しかもやらされていると言う感じではなく、段々、乗って来ると体全体でリズムを表現する方も出てきました。一見、遊びの様に見え、楽しく出来ますが、その一つ一つに意味があり、仕事の現場を表していることが分かると、全員、顔つきが変わってきました。
その後、二つのグループに分かれ創造力を発揮するシェーカーアクティビティ、二人一組になり、片方がもう片方にカラダの動きをカラダを動かして真似をしてもらうアクティビティ、ここでは発信力と観察力、相手への思いやりの創成をトレーニング。
コミュニケーション能力のアップ、チームビルディング、仲間意識の創成などトレーニング・ビートの持つ効果を実感する研修となりました。
トータル1時間半、たっぷりとリズムに浸りきって頂きました。それから30分間という、示唆に富んだ丁寧な振りかえり。 後日、みんな笑顔で勤務地に向かって行ったそうです。

◆参加された方々の声

・周りの人たちとの一体感が得られた。
・元気がでた!
・ドキドキした。
・対面してのコミュニケーションに踏み込めた。
・ポジティブな気持ちになった。
・他の人との繋がりを感じた。
・こんな楽しく気づきが得られる研修は他にあるのでしょうか。
・音楽を通して、集中力や瞬発的な適応力が理解出来た。
・チームとは何かが分かった。
・リーダーの役割や、本質、向いているかなどが一目で見られた。

組合員福利厚生(不動産・建築販売 J社様)


普段コミュニケーションを余りしない年長者と若手の間にも、笑顔と会話が生まれていました。(組合長 A様)

とても楽しく、組合員の評判も良かった。高齢の方からは、膝が悪いとか運動量の多いものはだめとの指摘もありましたが、子どもから、高齢者まで楽しく参加できました。おそらく、組合始まって以来の楽しいイベントだったと思います。参加者は、仕事でもこんなに楽しくしたいと、意欲的にリズムを取り入れたいと話していました。将来、社内にドラム・サークルのチームが出来ればいいと思います。そのときはご指導よろしくお願いします。

チームビルディング研修(教育・スクール事業F社様)


たったの2時間半で、ここまでのことが出来るのか!音楽の力はスゴイ!(校責任者 A様)

子どもたちは全身でコミュニケーションしていることが分かりました。リズムや・リズム運動を使って、集中力・一体感・発想力など、活性化していくのが観ていてわかりました。先生方は学んでいると同時に、子どもたちへ実践していて、身体で覚えているのだと気づきました。BOSのファシリテーターの心構えと手法にも感動しました。BOSのスクールに希望者を送り込んで、先生方を育成しようと思います。

管理職向けチームプロジェクト強化研修(大手機械メーカーK社様)


特に私たちに欠けていたところに、直球を投げ込まれた感じです。(採用部部長 A様)

仕事柄、理論や数値が私たちを支配していた感じです。人はそれだけではダメなんだ、「生きるとは」と言うことを「体感・実感」させて頂きました。ISOなどは、下手をすれば管理により人を追い込むことになる。「育成」は人の味方になる、全ては人の心が肝心であると気づきました。参加した管理職のみんなも、これほど充実して楽しい研修は初めてだと言ってくれました。この研修でもらった良いリズムを、各自実践して、全社で素晴らしいリズム、ハーモニーが出せるようにしていきたいと思います。

若手&新入社員研修(IT企業T社様)


まさに、目的にピッタリの社員研修でした。(教育担当 B様)

平均年齢が32歳で若手が多くいる中、強いリーダー育成よりも、スクラムを組んで仕事に当たる組織を考えていました。
初日を終えたときのみんなの顔を見れば、何も言うことはありません。「気分良く仕事をしましょう」という気分マネジメントも当たり前のことが、こんなにも大切なことなのだと2週間で気づけました。単なる社員研修で終わるのではなく、習慣化して効果を出し続けるというプログラムは、今までにないものですね。私も研修以降、毎日シェイカーを振ってコミュニケーションしています。

内定者フォロー研修(大手食品製造業S社様)


組織とは、思いやりとは、創造性とは、規則やルールの意味などが、体感で理解できることにビックリしました。(採用部部長 A様)

毎年行っている、マナー研修やスキル研修だけでは、新卒者とのコミュニケーションの障壁が取れないことは解っていました。何かないかと必死で探して、トレーニング・ビートを導入しました。結果は大満足です。予想以上の効果に驚いています。音楽の力がこんなにも凄いとは思いませんでした。コミュニケーションの障壁を取り除き活性化すると同時に、組織とは、思いやりとは、創造性とは、規則やルールの意味などが、体感で理解できることにビックリしました。今後はトレーニング・ビートを継続して実施できるようにしたいと思います。

職員組合様向けイベントドラムサークル(大林組様)

職員組合様向けイベントドラムサークル(大林組様)

バレンタインデーの日曜日、株式会社大林組 職員組合様のイベントとしてドラムサークルを開催させていただきました!
組合員の方、またそのご家族にご参加いただいて総勢70余名!お子様も2歳から10歳まで、バラエティに富んだドラムサークルになりました。

見慣れない形の太鼓を目にすると誰からともなく叩き始め、ドラムサークルは初めての方ばかりにも関わらず自然と重なり合うリズム♪ 太鼓だけでなくシェイカーを鳴らしたり、金属や木でできた小さい楽器を使って情景を表現したり、隣の人の指をつかむゲームをしたりしているうちアッという間に1時間が経過。4 グループに分かれて感想をシェアしたあと再びリズム・アンサンブルが始まると、4つのリズムが次第に1つのリズムへと融合。様々なかたちで絡み合うビートを体感いただきつつ盛り上がりました。

今回企画していただいた職員組合様、また休日にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!(アンケートも是非ご覧ください!)