コミュニケーション能力アップ

研修の効果が上がらなくなってきた、マンネリ化している......とお悩みの担当者様必見!

研修内研修(研修の中の一コマ)として、研修の専門家が驚くシナジー効果!
リズム運動を参加者全員で共有することで互いの心の壁を取り払い、短時間で仕事の本質を
直観・納得。他の研修の効果を格段に向上させます。
「個人 対 個人」はもちろん、「組織 対 個人」のコミュニケーション深化、ベクトル合わせにも応用可。
いつもの会議室で開催可能ですので、研修所などに出向く必要もありません。

研修のキックオフとなる朝一番での実施、参加者の集中力が低下しがちな昼食後は特にお勧めです。

コミュニケーション能力アップ研修は、以下のように活用いただいています。

若手&新入社員研修(IT企業T社様)

◆研修対象者
新卒者24名、 若手社員18名、 合計42名
◆依頼内容
新卒者と若手社員のコミュニケーションを活性化させ、開発速度を上げたり、アイデアを出す創造性を発揮させたりしたい。建て前ではなく、本音でのコミュニケーションができるようにすることによって、企業風土を活力あるものに改善したい。その第一歩としてトレーニング・ビートに期待する。
◆実施内容
トレーニング・ビート&グループ・ドラミング、気分マネジメント初級(2週間コース)
トレーニング・ビート 120分、グループ・ドラミング 60分、気分マネジメント20分+2週間の自主トレーニング(1日5分) 合計 270分
トレーナー:岡本英二
みなさま年齢的に若く、一つにまとまるのは早かったと思います。ほとんど話さなかった人の目が、どんどん輝いてくるのがよく分かりました。年齢差を超えたところでの、おもいやり醸成は素直に出来ました。課題に対して素直に意見が出て、みんなでそれをやってみる、ということが自然に出来たのが良かった。2週間のトレーニングも研修が楽しくできたおかげで、効果が出ています。
研修実施までの流れ

研修にあたっては、担当者がしっかりお話をうかがった上で、内容を決めさせていただきます。

お問い合わせから実施までのステップ

まずは、お問い合わせください。