橋田〝ペッカー〟正人

日本におけるパーカッション界の草分け的存在。
1977年に渡米し、ラテン系、ブラック・ソウル系の音楽家たちとセッションを重ねる。
帰国後、レコーディングミュージシャンとして活動をスタート。
同時に日本初のサルサ・バンド「オルケスタ・デル・ソル」を結成。
数多くのヒット作品を発表し、2018年には結成40年を迎える。

個性溢れる大人数サルサバンドを40年率いてきた豊富なリーダシップ経験を持ち、そのノウハウをトレーニングビートRであますところなく披露している。

主な実績
1978年 日本発のサルサ・バンド「オルケスタ・デル・ソル」結成
1980年 ボブ・マーレー&ウェイラーズの全面協力によるソロアルバムを世界発売
1980年〜 レコーディング楽曲25,000曲超(MISIA 坂本龍一 Coba 浜田省吾 尾崎豊 SMAP 嵐 Sexy Zone 他)
2004年 YAMAHAと共に米国REMO社公認『ドラムサークルファシリテーター協会』を設立。理事長に就任(現任)
2011年 特定非営利活動法人「楽器で笑顔基金」設立。理事長に就任(現任)

(公式Webはこちら) リンク:http://www.tokyo-mania.net/pecker2/index.htm